忍者ブログ
タイトルどおりのgdgdブログ。
[227] [226] [225] [224] [223] [220] [219] [218] [217] [215] [214]
起床時間は4時を少し過ぎた頃。夜中にトラブルがあってちょっとだるいものの計画に支障なし。出発の準備を整えるものの、グダクダしてたら時間が怪しくなったので朝食はパス。
座れなかったり、いい席が確保できないと痛いので、列車出発30分前に宿を出る。
そんなわけで25分位前に駅に到着。すでに人が数名…早く来て正解だったかも。
そんなこんなをしてるうちに始発列車の名寄行きが入線。
当然撮影タイムに入ります。かく言う私も同類。
程なくして改札が始まったので二番目に通過。流石に良席です。一番いい席かもしれない。
余談ですが、北海道の古い車両はなぜか席と窓の位置がずれています。昔の車両を無理やり改造したのでしょうか?
道内を普通列車で旅する際は結構重要なので参考までに。

暫く待って出発です。
途中南稚内駅で女性の自転車ライダー3人組が乗車。羨ましいですな。あと、その直後に鹿と衝突。計5分の遅延。痛くも痒くもない。


今回は普通列車なので、特急が止まらない小駅もゆっくり観察することが出来ました。
最北の無人駅、抜海駅。南稚内の次の駅です。
 
今も立派な駅舎が残る渋い駅、雄信内駅

 一両編成の列車がホームからはみ出し踏切で止まる。南幌延駅

他にも魅力的な駅がたくさん。私のような人間には嬉しいのですが、こんな感じの駅ばかりなので人がほとんど乗ってきません。この路線、大丈夫か?
一応、豊富駅から幌延駅まで学生が10名ちょっと乗ってきたのがせめてもの救いと言ったところ。使っている人は確実にいるのです。今のところ。
そんなこんなで3時間弱。元ターミナル駅であり、宗谷本線の中でも大きな駅である音威子府駅に到着します。



なんと、この列車は、ここで1時間30分ほど停車します。何かの間違いで都心の電車がこんなことしたら暴動がおきそうですが、北海道では許されるのです。たぶんね。
そんなに待ってたらスケジュールがヤバイのでここで30分後の特急を待ちます。
さて、繰り返しますが、この駅の名物と言えばえきそば。日本一美味いとの呼び声も高く、ぜひいただきたかったのですが、開店時間は1時間先。なので私は考えました。駅近に商店があれば、お土産用のそばが売っているのではないかと。
事前に地図を見渡していたところ、駅から徒歩三分程度のところに、宇佐美商店?というお店があるらしい。一応改札の駅員さんに情報を伺う。
少し歩いたところにある大きな道路に商店一つと道の駅があり、その辺りなら取扱があるかもしれないとの事。
早速、向かってみた。
どっちも閉まってたよ!!
本数少ないんだから、列車の長時間停車に合わせて開店すれば、少しは利益出るんじゃない?とか、余計な言葉を吐き捨てたくもなりましたが、無いものは仕方がない。
もうひとつ見たいものがありました。天北線の資料館です。
  そもそも天北線とは
昔、音威子府から南稚内を繋いでいた路線。宗谷本線が完成する前、当時の技術ではトンネルやら何やらを作るのが難しかったので、天北線が作られる。宗谷本線が完成した後も特急とか急行は天北線経由だったものの、段々と使われなくなり廃止になったのです確か。
で、始発駅であった音威子府駅では、資料館として過去の写真やらなにやらを無料公開しているわけですな。
でも、写真良いのかよく分からず、結局写真は撮らずじまい。昔使われていたヘッドマークとか、写真が展示されてました。面白いよ?時間つぶしには良いかも。
とはいえ、そんなに広くもない。そろそろホームに出ようかな?と思っていると、ガチャが置いてある。天北線の硬券が当たるらしい。200円。入場券すら160円くらいで買える時代、こんなもん誰が回すんだよ。
…はい。私みたいな人間が回します。入場料だと思えば安いもの。
上音威子府駅は知ってるけど、天北栄なんて駅はさすがに知らんぞ?ま、いっか。
後で調べたら、上音威子府駅隣の臨時駅だそうです。んなもんわかるか!
ま、こういうのは記念なので、別にいいんですよ。寧ろこれすごくレアなのではないかな?
で、特急きました。乗りました。混んでました。寝てました!旭川到着です。
後で確認したら音威子府から旭川まで気になる駅が5駅くらいあって死にたくなったのは別のお話。
この日は旭川駅から列車に乗りません。よってここが本日のゴールなのですが、到着時刻11時前。もちろん予定はあります。
まず、店が開く頃を見計らい、旭川ラーメンを初体験。旅の中で殆ど野菜を摂取していない事に気がついてしまったので野菜ラーメンを食べてみる。しょうゆ。
脂が少し浮いているせいか熱い!変な懐かしさがある気がする。でも、結構美味しかったです。食べたことあるような、ないような。そんな感じ。旭川に寄る用事があれば、また寄りたいかも。
その後は定番の地元アニメイト巡り。隣にカード取り扱う店があったけど、mtgがなかったのでとりあえず適当に眺めるだけで終了。
時間が余ったが仕方ない。レンタカー借ります。
このあたり、全然写真ないんですよね。運転してると無理だからね。仕方ない。
一年ぶりの運転。最初こそ、ブレーキとアクセルを間違えましたが、それ以降はまぁそれなりに。市街地出ると車も殆ど無いから楽でした。
一時間ちょっと進み、道の駅白滝。ここで休憩です。やっと記念撮影ができました。

        
中にも入ってみると、最低限のメニューが揃った食堂と、お土産屋さん。しかし、食い物より飲み物を欲していたため自販機で済ませる。ここで荷物増やしたくなかったですし。
ちなみに
夏の昼間の気温ではない。
二十分くらい休憩してから出発です。高速は残り僅か。
白滝ICで降りる。人っ子一人いません。道の駅的な駐車場スペースには数名の方がおられますが、住人かどうか怪しい。ここ村の中心ですよね?
そんな光景を横目に、遠軽方面に走ること4キロ。最初の目的地、旧白滝駅が見えてきました。
この駅の隣の踏切渡って駅の横に車停めればいいや。路駐よりマシやろ。そう思っていた自分を力いっぱい殴りたい。
さて、この駅ですが、現在の日本で唯一、駅名の前に旧が入っています。それにはもちろん理由があるのですが、ここに書くの面倒なので気になる人は調べてください。
そして、一日の停車列車は



僅か四本。上下合計です。使いたくても使えない駅ですね。たぶん地元人よりも私の様な物好きの利用者のほうがはるかに多いです。車無いと絶対に生活できませんね!
・・・写真に気持ち悪い人影が写っていても気にしないように。


私をさんざん絶望させてくれた踏切くん。隣の畑には電流が流れる網が張ってある。本気で死ぬかと思った。

諸事情により、長居できなくなったので早々に退散。幸い無事に国道に戻ることが出来ました。さらに車で遠軽方面に。
次の目的地はこちら


下白滝駅。
こちらも先ほどの旧白滝駅と同じく、四本しか列車が止まらない駅ですが、駅前に牛舎?番犬、廃屋があるため、あちら程廃れているわけではないようです。
こちらの駅には先客のカップルが。同じくレンタカーで来ているようですので観光者のようです。カップルでこんなとこ来なくても…とは思うのですが人の事は言えません。ちょうど観察が終わったようで、車に戻ってしまいましたので、気兼ねなく観察開始。


 
停車列車が少ない割には駅舎もしっかりしているため、地方の小駅として十分通用しそうなクオリティです。流石にホームが狭過ぎる感は否めませんが。
駅ノートもあるので簡単に書き込み。焦りすぎて誤字の嵐。ボールペンだから消せない。仕方ないね。
ここから折り返しますが、その前に白滝村名称発祥の地に寄り道。大したものはありませんでしたが、景色はなかなか良かったです。
旭川方面に車を進めます。10キロちょっとで最後の目的地に到着。
上白滝駅。白滝と上川の間にありますが、上白滝駅から隣の上川駅の距離は34キロあり、在来線が日常的に運転されている路線の中では駅間距離第一位です。特急含めると別なのですが。
そんな閑散路線なので、一日の停車列車の本数は2本。上記ふた駅より少ない。旭川方面に出かける場合。この駅から朝の時間帯の普通列車がないのでどう足掻いても日帰りできません。完全に遠軽への通学のための列車だと思われますが、それでも利用する人がいるのか疑問すぎてなんとも言えませんね。
隣の駅までこんなにかかる駅は早々無いでしょう。
駅前には民家?やら廃屋が多くあるので無人地帯という雰囲気は感じられません。
この駅では、一人で徒歩訪問された方と同席。挨拶済ませたら話が少しばかり弾み、せっかくだからと白滝駅まで送ります。時間が有り余ってたから今思うと余計な世話だったかも…
でも、そのおかげで心残りの一つだった白滝駅にも寄ることができました。
流石に特急停車駅だけあってそこそこ立派。ただし、無人駅。列車の時間でもないのに地元の方がちらほら。散歩ルートなのかもしれません。
レンタカーの返却時間まで二時間を切ったため、いよいよもって時間がない。名残惜しいですが、白滝駅を離れ旭川まで車を飛ばします。幸い、高速は車も少なく、事故もなく旭川まで到着。200キロくらい走ったのですが、ガソリンは10リッターちょいの消費ですみました。意外と使わないものですね。
旭川に戻り、ホテルにチェックイン。しかしここで問題が。夕食決めてない。
駅前をさまよい。夕食難民になってしまいましたが、結局みよしので妥協。前に札幌に来た時、道に迷って寄れなかった店だったので調度良いといえばよかった。
味も量もそれなりでしたが、とにかく安い。近所にあれば通うこと請け合い。北海道は良い店が多いですね。
腹ごしらえをしたあとは、部屋でTedを観ながら寛ぐ。面白いですね。アレ。
三日目はいよいよ今回の旅の最終目的。留萌線です。混んでるだろうなと思いながら明日も早いからと眠りにつきました…

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
つぶやき~
今話題のTwitterだよ!?
経県値
プロフィール
HN:
よぬもり
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/06/15
職業:
一応社会人やってます。
趣味:
列車旅行 ポケモン アニメ 弾幕STG ADVとか
自己紹介:
関東のDSでサラリーマンもどきやっている霊長類です。
紹介でいらっしゃった方も偶然いらっしゃった方もゆっくりとカオスの権化を体感していくといいよ。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[10/25 しがない食いしん坊]
[10/25 よぬもり]
[10/25 しがない食いしん坊]
[06/16 KUMAちゃん]
[09/04 おたっくん]
ブログ内検索
バーコード
最新TB